古本買い取り.net

中古本を少しでも高く売る方法

お店や本の種類で決まる?

中古本を売る時はちょっとしたことに気をつけるだけで買取価格が大きく変わる場合があります。本を売るお店の種類や本の状態など、どういった点に気をつければ中古本を少しでも高く売ることができるのか知っておきましょう。

中古本の売り方

漫画を読む人

まずは本を売るお店を選ぶ

中古本を少しでも高く売りたい時に、何よりも大事な要素は「どこに本を売るか」ということです。中古本を買い取るお店は主に3つの種類があります。まず、中古本の買取として最も有名なタイプが「大手の古本屋チェーン店」です。大手の古本屋チェーン店は全国どこにでもあり多くの人に馴染みがあります。しかし、本を売る場合となると大手チェーンは少し不利かもしれません。なぜかというと大手チェーンでは全国で一律の買取価格が決まっており、また在庫状況によっては新品に近い状態でも安く買い取る可能性が高いからです。2つ目の種類は「個人経営の古本屋」です。こちらは店長の趣味や方針によって高く買い取りする種類の本もありますが、流行りの漫画が高く買い取りされにくい傾向にあります。3つめのタイプが「ネット買取」です。ネット買取では先ほどの2つのタイプに比べて運営費用が少なく済むため買取価格が高くなる傾向にあります。

本の種類で決まる

本を売りたいと一口に言っても本には様々な種類があります。本の中でも特に高価買取されやすいジャンルはビジネス書や専門書などです。こちらは、成人以上の方が読む機会が多く、また新品で買うと他のジャンルの本よりも高くつくので中古で買う方が大勢います。そのため、買取される時も高い値段がつくのです。また古本の買取で最も多いのが漫画買取ですが、漫画を売る際は単行本を売るよりも全巻集めて同時に売った方が1冊あたりの買取価格はより高くなる傾向にあります。買取の値段が低くなる傾向にあるのが小説です。小説は読み終わると売られる傾向にあるので、お店側も在庫が多くなり高い値段では買取されにくくなります。また、当たり前なことですが元々の定価が高い本はやはり中古でも高く買取される傾向にあります。

本の状態で決まる

極端な話をしますが、新品の本を買ったあとに、読まずにそのまま中古本買取店で売ると最も高く売ることができます。つまり本のコンディションが良ければ買取価格が高くなるということです。そのため、中古本を売る時はその本のコンディションに注意するようにしましょう。本の買い取り時に主にチェックされる点は「カバーの状態」、「中身の書き込みや破れ」、「付属品」の3つです。買取の査定の際は、まずカバーの状態が確認されます。本を棚に並べた時に最初に目につくのが本の表紙とカバーです。このカバーが日焼けしていないか、キズがついていないかで買取価格は大きく変わります。次に見られるのが中身の書き込みや破れになります。ページが破れていたりどこかに書き込みがされると買取価格は一気に低くなってしまいます。そのため、本を読む時は将来的に売ることも考えて書き込みをしたり雑に扱ったりしないようにしましょう。また、本によってはCDなどの付属品がついている場合があります。その付属品が紛失していたりすると買取価格が落ちるので付属品がついている本を買った際は無くさないように注意が必要です。

広告募集中